趣美人の那須高原ぶらり旅

日光国立公園と那須高原の話題や情報を紹介!那須近辺に旅行を計画している方は必見ですよ!

奥の細道名勝地に指定那須高原「殺生石」の情景と九尾の狐伝説

皆さんは「九尾の狐」の伝説を聞いた事はありますか?

那須高原の殺生石は「九尾の狐」を始め様々な伝説のある所です。

ここ「殺生石」は平成26年3月に国指定「奥の細道の名勝地」に選定されました。それを記念して取り上げる事にしました。

DSCN5461.jpg

「駒止の滝」の帰り道に寄りました、あいにくの冷たい雨は止まずカメラが濡れています。今回撮った写真はレンズに水滴が付着してあまり良い出来ではありませんでしたので前回4月上旬の画像をメインに紹介いたします。

P5090124.jpg

      石の香や 夏草赤く 露あつし   芭蕉

  飛ぶものは 雲ばかりなり 石の上     麻父

芭蕉ほか歌人、俳人たちもこの地を訪れ様々な句を詠んでいます

DSCN5445.jpg

この殺生石は白面金毛九尾の狐伝説(九尾の狐伝説)として知られ、インド・中国・そして日本の三国にまたがる雄大な歴史を背景に、美女や妖怪、宮中人などが登場する怪奇で広大なスケールとして描かれています。また荒涼たる殺生石の情景は多くの文人たちによって数多くの文学作品として全国的にも知られる史跡の一つともなっています。


DSCN5451.jpg

私の別なブログでも以前「殺生石」について取り上げましたのでご覧になった方もいらっしゃるとは思いますが、このブログでは内容が一部重複します。ご了承願います。

DSCN5448.jpg

伝説のお話は平安時代初期の鳥羽帝の御代。インド、中国を荒らし回った九尾の狐はやがて日本へ渡来、「玉藻の前」という美女に化身し帝の寵愛を受けるようになりました。帝の命を奪い日本を我が物にしようとした玉藻の前は、陰陽師の阿部泰成によってその正体を見破られ白面金毛九尾の狐の姿となってこの地那須野が原へ逃げ込んだのです。これを知った朝廷は上野介広常、三浦介義純の両名に命じ九尾の狐を退治させました。狐は死して巨石と化しその怨念は毒気となって近づく人や家畜、鳥獣をも殺し続けたのでした。

P5090132.jpg

室町時代時代になってこれを伝え聞いた名僧源翁和尚はこの地を訪ね石に済度教化を授け持っていた杖で一喝すると巨石は三つに割れ一つは会津へ、一つは備後へと飛んで行き残った一つがこの殺生石であると伝えられています。殺生石は室町時代の「下学集」に初めて登場しその後は謡曲や江戸時代には歌舞伎などの題材ともなりました。・・・・・殺生石案内説明一部引用   この他にもいろいろな言い伝えもありますが今回は省略

DSCN5429.jpg

この殺生石は那須温泉の湯元に有り近くには白濁の湯で有名な「鹿の湯」があります。泉質は硫黄泉です。

DSCN5449.jpg

いまだに硫黄の匂いがたちこめています。独特な幻想的な世界です。

DSCN5464.jpg

「鹿の湯」全景 風情があります

DSCN5477.jpg

その昔傷を負った白鹿がこの温泉に浸かって傷を癒したことから「鹿の湯」という名が付いたと言われています

DSCN5478.jpg

温泉神社の前には無料で使える足湯があります。

DSCN5473.jpg

温泉神社

DSCN5469.jpg

殺生石全景

DSCN5463.jpg


ブログ王ランキングに参加中!






関連記事
  1. 2014/05/10(土) 21:40:41|
  2. 那須野が原史跡探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日本一の大吊橋「もみじ谷大吊橋」塩原渓谷 | ホーム | まぼろしの滝「駒止の滝2」とその周辺「つつじ大吊橋」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://makky007.blog.fc2.com/tb.php/35-a30ba478
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

幸福の招き猫!!


プロフィール

趣美人( しゅみびと)MAKKY

Author:趣美人( しゅみびと)MAKKY
ようこそいらしゃいませ!

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

お気に入りブログさん(敬称略)

このブログをリンクに追加する

★商品紹介★









写真素材のご紹介!

QRコード

QR

応援お願いします!


にほんブログ村

ご訪問ありがとうございます!